<< アパートで練炭心中か 年下男性の遺体に刺し傷(産経新聞) | main | 公明・神崎元代表が辞職表明(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


コアジサシの営巣地整備 大田区昭和島(産経新聞)

 今年も帰っておいで−。絶滅危惧(きぐ)種に指定された渡り鳥、コアジサシの営巣が確認されている都下水道局森ケ崎水再生センター(大田区昭和島)屋上で27日、ボランティアら約40人が草取りなど営巣環境の整備作業をした。

 カモメの仲間のコアジサシは、初夏にオーストラリアなど南半球から飛来し、砂利の河原や砂浜など見晴らしのいい場所に浅い穴を掘って産卵する。埋め立てなどで営巣に適した場所が失われ、個体数が減っている。

 広さ約7ヘクタールある同センターの屋上で営巣しているのが確認されたのは平成13年6月。鳥を追いかけて偶然見つけたNPO法人「リトルターン・プロジェクト」代表の増田直也さんは「ここまで追いつめられたのか」と驚いたという。

 増田さんらは翌年春から屋上での整備作業を続けており、営巣地は当初の約2ヘクタールから昨年は約6・2ヘクタールまで広がった。今回初参加した女性(55)は「腰が痛くてつらいけど、子育てするコアジサシの姿を見られれば報われる」と話した。

民主、2人目の擁立断念…参院選新潟選挙区(読売新聞)
自民中堅・若手が谷垣総裁に「執行部刷新」を直談判(産経新聞)
<損賠訴訟>重なる医療ミス認め遺族と和解 三重・産科医院(毎日新聞)
「車上狙いから帰らない」と110番…遺体発見(読売新聞)
【りこめんど】ローランド 田中英一社長(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.11 Friday
  • -
  • 08:55
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
  • 労働基本権、見直しには影響提示を=海外事例を紹介―人事院年次報告(時事通信)
    みっくみく (08/29)
  • 労働基本権、見直しには影響提示を=海外事例を紹介―人事院年次報告(時事通信)
    ボーン (01/19)
  • 労働基本権、見直しには影響提示を=海外事例を紹介―人事院年次報告(時事通信)
    とろろいも (01/13)
  • 労働基本権、見直しには影響提示を=海外事例を紹介―人事院年次報告(時事通信)
    カドルト (01/07)
  • 労働基本権、見直しには影響提示を=海外事例を紹介―人事院年次報告(時事通信)
    リョータ (12/26)
  • 労働基本権、見直しには影響提示を=海外事例を紹介―人事院年次報告(時事通信)
    ゴンボ (12/17)
  • 労働基本権、見直しには影響提示を=海外事例を紹介―人事院年次報告(時事通信)
    パイン (12/12)
  • 労働基本権、見直しには影響提示を=海外事例を紹介―人事院年次報告(時事通信)
    俊之 (12/04)
  • 労働基本権、見直しには影響提示を=海外事例を紹介―人事院年次報告(時事通信)
    機関棒 (11/25)
  • 労働基本権、見直しには影響提示を=海外事例を紹介―人事院年次報告(時事通信)
    しゅうじん (11/22)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM